So-net無料ブログ作成
検索選択

ハードボイルドと料理 [身辺雑記]

20160526_085812.jpg


今、ロバート・B・パーカーというアメリカの作家の、ハードボイルドサスペンスを読み返している。

主人公はスペンサーというタフな私立探偵。
その恋人がスーザンというカウンセラー(彼女は初登場の時はスクールガイダンスのカウンセラー、後に大学院で博士号までとる)。

1970年代から、作者が亡くなる2010年(亡くなったのが1月だから、実際執筆されたのは2009年までか)まで、40年近く続いたから、ほとんど大河小説である。

若い頃にずいぶん読み、途中ちょっと抜けたけれど、最近また読みたくなって古いものから読み返している。

昔読んでいた時はストーリーだけを追っていたけれど、今読むと、人間関係が深い。

たとえばスペンサーとスーザンの出会い、別れ、復縁、それぞれの恋愛観、人生に対する考え方・・・などなど、この歳になったからこそ、そうなのか!と思えることがある。


もうひとつ、当時はあまり興味が行かなかったのが、小説に出てくる料理。

スペンサーは料理が得意である。

一人で食べる時のサンドウィッチ、サラダ、ちょっとしたローストなど、そしてスーザンと食べる時の、手をかけた料理・・・『スペンサーの料理』という本が出ているくらいだから、かなりのものである。


そんなことを考えながら読んでいて思い当たったのが、日本では池波正太郎。

必殺シリーズの元にもなった、「梅安シリーズ」でも、『梅安料理ごよみ』というのが出ている。

池波正太郎といえば「食」なのだろうけど、私がちゃんと読んだ池波作品は、梅安シリーズだけなので、これ以上あまり語れない。

しかし、こうしてみると、海外のハードボイルドや、その雰囲気を持つ日本の時代小説の登場人物が、活き活きと、リアリティをもってくるのは「食」との関係が深いのかもしれない。

どんな食べ物を好み、普段、友人や恋人や仲間と何を食べているのか、どんな風に料理しているのか・・・そこに人間らしさが表れてくるように思う。


江戸時代はもちろん、1970年代にも、コンビニやファミレスはほとんどなかったから、自分で作らなければならなかったといえばそれまでだが・・・。



人気ブログランキングへ


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 2

拳客

今ちょうど 梅安シリーズを読んでいるところです。
by 拳客 (2016-05-27 19:00) 

michaela

そうでしたか!
梅安シリーズは面白くて一気に全部読んでしまいました。
スペンサーシリーズと共に、作者が亡くなって終わってしまったのが残念です。
by michaela (2016-05-30 09:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント