So-net無料ブログ作成
検索選択

頭が暇だと悩む? [総合]



「ルーティン」という言葉が流行っているようです。

某スポーツ選手が集中のためにとるポーズからきているようで、ご本人がそれをルーティンとおっしゃったのかはわかりませんが。

言葉にこだわる私としては、「ルーティン」という言葉からくる印象がちょっと違います。

ルーティンで思い浮かべるのは、毎日、あるいは何かの仕事で、決まってやらなければならないことや手順、いわゆるルーティン・ワークと言われるようなこと。

むしろ義務的にやらなければならないこと・・・で、さほどいいイメージがありません。

炊事・洗濯・掃除などの家事もある意味ルーティン。

また、車を運転する時に乗ったら、ロックする、シートベルトしめる、その前に実際どれほどの人がやっているかわかりませんが、始業点検と言われるもの・・・機械を扱う仕事の人であれば、始業点検は欠かせないルーティンかもしれません。

あとは、あまり考えなくても流れが頭に入っていて、機械的、流れ作業的にやる習慣のようなこと。



さてそんなルーティンである、食後の皿洗いをしていると・・・昨夜から溜めていたのでたくさんあった・・・いろいろな想いが浮かんできます。


今日やるべきこと、今週末に向けてやらなければいけないこと、手順を考え、頭の中で確認し、一通り流れを考え終ると・・・ぽっかり空白の部分ができます。



洗うべきものはまだある・・・ふと浮かんでくるのは、あの時ああしていたら、あの選択をしていたら今はどうだったんだろう、ああすればよかった、などなど、今更考えても仕方のない「もし、たら、れば」。

洗濯然り・・・洗濯機が止まって、干しながら・・・。

怖いですね、心のすきま。

あぁ、こういう風に、手を動かしていることに頭を使わないですむと、ほかのことを考え出す・・・そういう時に浮かんでくるのって、なぜかつまらん題材が多い。

子どもが独立した後の専業主婦が陥りやすい、空の巣症候群も、こういうところから始まるのかも。

暇な時間が多いと悩みが増える・・・昔の人は悩んでいる暇などなかった・・・確かに。



「頭の中のおしゃべり」という言葉、それと、「考えることをやめる」ということを、最近聞きました。

私が今やっていることとつながっているんですが。

このことと合わせて思ったのが坐禅。

頭に浮かぶ考えを追わない。

「もし、たら、れば」が浮かんだら、追わず、一瞬でも考えることをやめ・・・お試しください。






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント