So-net無料ブログ作成

涙は女の武器!? [身辺雑記]

1418687700913.jpg



かつての同級生と会って、昔の話になることがあります。

もうン十年前のことですが、中学・高校、女子高だったから、力仕事も、重い物運びも全部自分たちでやっていました。

学園祭でパネル運んだり、大工仕事もどきのことも、やってくれる男子がいないんだから、当然自分たちで。

共学の大学に進んだ時は、だから結構カルチャーショックでした。

今まで自分たちでやっていたような、力仕事系のことをやろうとすると男子が、女子はいいから、打ち上げの準備してて・・・みたいな。


正直なところ、あれっ?という感じでした。

当たり前のようにしていたことを取り上げられたような・・・私自身がどちらかというと男っぽい性格だったせいかもしれません。

あるいは、一人っ子だから、甘えてるとか言われないために、人を頼ろうとしない性格になっていたかもしれません。



もうひとつ、友人が男子の同級生にカメラとフィルムを差し出して「フィルム入れて」と当たり前のように言ったこと・・・ものすごく鮮明に記憶しています。

えっ?何?フィルム自分で入れないの???・・・カメラ好きだった私には驚天動地のカルチャーショックでした。

彼女は男兄弟がいましたから、家族構成や成育史も、こうしたことに関係あるかもしれませんね。

私が一人っ子で、いわゆる女系家族だったことは影響しているかもしれません。



その当時、男に生まれればよかった、と思ったことはありませんが、女に生まれて良かった、と思ったこともありません。

むしろ、女っぽいことが苦手・・・といっても、お転婆だったり、運動神経が良かったりというわけではありません。
どちらかといえば運動も不得意でした。

今でもそうですが、花柄やフリル、ヒラヒラの服も苦手です。


よく、女の武器は涙、などと言われますが(今はあまり言わない?)、私からすれば冗談じゃない、もってのほか!でした。

最近でこそ歳のせいか涙腺がだいぶ緩くなっていますが、子どもが生まれるくらいまで、自分の子ども時代は別として、泣いたことがありません・・・感情を殺していたかもしれませんね。

今は、喜怒哀楽、涙を流すこともできます。

自分が女であることも、その良さも、充分受け容れています。



でもやっぱり、涙を武器として使うよりは、アメリカ映画のアクション女優のように闘う方に憧れます。

たぶんその方が私には似合ってるかな・・・あんなにスタイル良くないけど。




人気ブログランキングへ


nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 7

コメント 2

doudesyo

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
男女ともにいろいろありますよね。^^;
by doudesyo (2015-01-10 08:56) 

michaela

doudesyoさん、こちらこそ本年もよろしくお願いいたします。

ほんと、いろいろあるから面白い・・・。

by michaela (2015-01-13 10:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント