So-net無料ブログ作成
検索選択

汝、怒りもて・・・・・・ [総合]

2014102516500001.jpg



身体が震えるほどの怒りをもったことはありますか?



激しい怒りは自分の身体にもダメージをあたえます。

激しい動悸。
背中や腰のこわばり。
胃の収縮。

「怒りにわなわなと・・・」という表現があるように、実際、身の内が震え、手も震えます。

そしてこれらの結果、食欲はなくなり、肩甲骨の周囲に凝りと痛みが集まり、思考の柔軟さは失われます。


ひとしきり怒りに身をまかせるのも、時には良し。

ただし、いきなり湧きあがった怒りに任せて送ったメール、口をついて出た言葉、とってしまった行動に、あとで後悔することもしばしばですが・・・。

以上、私の経験。



ちょっと落ち着いて怒りの感情を確認し、振り返ることができたら・・・この段階で再び動悸がしたり、胃が縮む思いをすることもありますが・・・その怒りが自分のどういったところからきているのか、何に対してなのか、そこにある自分の想いは何なのか、見てみましょう。

悩みやマイナス感情というものは、大概の場合、「こうあるべき、こうでなければならない」という理想と、思うようにならない現実とのギャップから生じます。

「尊重されるべき」「いちばんであるべき」なのに面子をつぶされた(と思っていた)り、(根拠などないのに)こうあるべきと思っていることがうまくいかなかったり・・・。

冷静になって考えて、そのあたりが見えてきたら・・・。


まずは自分がとった行動について、相手(がいれば)率直な言葉で思いを伝える。

謝罪すべき行動があれば謝罪する。

それで修復されないような人間関係なら、無理やり続けていく価値はないかもしれませんよ。



人気ブログランキングへ
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント