So-net無料ブログ作成
検索選択

ピアノ物語~エピソード2 [メインテーマ]

先日、母のピアノ・・・①母のピアノ・・・②、という記事を書きました。


P1020125.JPG



それを見て、ある女子大学の教授がメールを下さり、今日、母にピアノの話を聴きに訪ねてきてくださいました。

このピアノの元の持ち主、ピアニストの小倉末子さんを調べるうちに私のブログにヒット、このピアノが現存していた驚きと喜びにあふれたコメントをくださった方です。

母が小倉さんに師事することが決まり、翌週にもレッスン開始という中で急逝された小倉末子さん・・・。

大正から昭和にかけて活躍された、美貌の、素晴らしいピアニストだったそうです。

小倉さん特注のピアノが小倉さんの死後、弟子入りが決まったばかりの母の元に譲られたという不思議さ・・・。

戦争中・戦後も大切に守られ、没後70年近くたってまたいろいろな人をめぐり合わせ、つなぎ合わせている・・・。

今日、いろいろなお話がはずんだ中で、教授は持参の「小倉末子選 小品集」から数曲を弾いてくださいました。

優しい音色が流れる中で、ピアノに宿った魂と、お会いしたことも演奏を聴いたこともないけれど、このピアノを母と同じように大切にしていた、小倉末子さんの魂を感じたようなひとときでした。

そしてこの【ピアノ物語】、《エピソード3》へと続きそうな・・・・・。


P1020122.JPG




ランキング応援、1クリックよろしくお願いいたします[揺れるハート]
人気ブログランキング
nice!(6)  コメント(22) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 6

コメント 22

nobuko

数奇な運命のピアノ物語。読んでると感動で胸が震えてきます。ピアノも、きょうの日をきっと喜んでいることでしょう♪
by nobuko (2008-09-16 00:18) 

大根田真

もし僕が将来、ピアノの絵を描くことがあるとしたら・・・それはmichaelaさんのお母様のピアノのお話が深く心に残ったことから始まるのだと思います☆


by 大根田真 (2008-09-16 07:10) 

michaela

nobukoさん、なんだか時空を超えた、不思議なひとときでした。
by michaela (2008-09-17 08:16) 

michaela

大根田さま、ぜひグランドピアノを入れた絵をいつか描いてくださいね。
by michaela (2008-09-17 08:17) 

cocoa051

ジーンと胸を打つエピソードですね。
どこかで、このピアノでコンサートがあったら出かけて聴いてみたい衝動にかられました。
とてもいいお話。感動です。
by cocoa051 (2008-09-18 16:51) 

michaela

cocoa051さん、ありがとうございます。
このピアノの音色は、当分の間母の家でしか聞かれませんが・・・機会がありましたらご招待いたします。
by michaela (2008-09-19 08:40) 

doudesyo

音楽のことは全く分かりませんが、おそらく、巡り合わせがあるのだと思います。良い話をありがとうございます。私の子供にも話してみます。
by doudesyo (2008-09-19 21:56) 

michaela

doudesyoさん、ありがとうございます。
私も音楽には疎く、機会があればピアノを習いたかったと思います。
でもこの話には音楽とは別に、何か意味があるような気がします・・・。
by michaela (2008-09-20 08:47) 

けんけん

こんにちは
母のピアノ①から、併せて読ませていただきました
すばらしいお話ですね
ピアノが人と人を結びあわせてゆく
楽器という一つの道具にも
心ないしは魂があるような、そんな気がします
ひとえに、お母様がこのピアノを大切に守ってこられた、そのお心につきるような気がします
きっとこれからも、新たなご縁が生まれることと思います
お母様の転機になるかもしれませんね

by けんけん (2008-09-20 14:40) 

ロッタ

素敵なお話には、さらに素敵な続きがあったんですね。
>小倉末子さんの魂を感じたようなひととき
というの、なんだかわかります。
故人について残された人々が語り合ったり、縁がつながっていくとき、肉体の死の後も他の人々の心に生き続けるってこういうことだなぁと思います。
by ロッタ (2008-09-20 15:43) 

michaela

けんけんさん、ありがとうございます!
事実は小説より奇なり・・・大事にされてきた「物」には魂や心が宿るのかもしれませんね。
by michaela (2008-09-20 20:00) 

michaela

ロッタさん、本当に不思議なひとときでした。小倉さんの魂がそこにある・・・姿が見えるような気さえしました。
心に残るような生き方ができると良いですね・・・。
by michaela (2008-09-20 20:04) 

あさくらゆう

新選組からという、異端な方向から小倉末子さんの親類について大垣のタウン誌に執筆、掲載されまして、その際、コチラのブログを読ませていただきました。小倉さんは岐阜県大垣市の生まれで、新選組隊士だった市村鋠(通説では辰)之助の妻と又従兄弟でして、この市村家(のちの古島家)と小倉家は亡くなるまで友好関係にあったようです。もしよろしければ小倉家の簡単なエピソードをブログにUPいたしましたのでご覧くだされば幸いです。いつか大垣にとってもそのピアノは大切なものとなるでしょう。一度拝見いたしたいものです。
by あさくらゆう (2008-11-03 04:45) 

michaela

あさくらゆう様、ご訪問、コメントありがとうございます。
ブログ、読ませていただきます。いろいろな繋がりができ、とても興味深いです。いつか、ピアノのことも何かの形で大垣の皆様にお伝えできれば・・・と思います。
by michaela (2008-11-03 08:43) 

らすかる母

はじめまして

素敵なエピソードですね。
楽器にも人にもいろいろなヒストリーがあるんだなぁ、としみじみさせられました。

私の家にもメイソン&ハムリンのピアノがあります。
結婚した相手が中古で購入し所有していたもので、お母様のピアノのように、心に響くようなお話はありませんが、聴く人と弾く人を両方あっという間に魅了するような、素晴らしい音を出します。

こちらでお母様のピアノのお話を続けて読んで、うちのピアノも大切に大切に扱ってあげようと、改めて思いました。
そして、そういう気持ちにさせて下さったお母様のピアノとMichaelaさんに感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。
by らすかる母 (2009-07-20 09:09) 

michaela

らすかる母さん、こちらこそご訪問&コメントありがとうございました!
先ほどブログを見せていただいたら…81年も前の製造なんですね!きっと素晴らしい音色を響かせてくれるのでしょうね。
時を経ても変わらぬ音色は、本当に職人の技術だと思います。

どうぞこれからも大事にしてあげてくださいね。
by michaela (2009-07-20 13:33) 

tokospiano

昨晩、「ぴあのすとおりい」の番組を見て、興味を持ち、調べていたらここへ辿り着きました。Michaelaさんのお母様のピアノのお話をテレビで聞いて、凄いお話だと感動しました。私は小倉末子先生と同じ日本の女子大を卒業し(津上先生も知っています)、アメリカへ留学したので妙な縁を感じ、調べよう始めたのですが、ピアノがアメリカのメーカー、メイソン&ハムリンと読んでまたびっくりしました。アメリカの音大の練習室に同じメーカーのピアノあり、を良く弾いていたからです。良いお話をありがとうございました。
by tokospiano (2010-08-05 07:50) 

michaela

tokospianoさん、ご訪問&コメントありがとうございます。
メイソンは日本ではあまり知られていませんが、アメリカでは結構使われているようですね。
母の宝物から次々に広がって驚いています。
by michaela (2010-08-05 17:34) 

御堂

はじめまして、御堂と申します。

「歴史秘話ヒストリア」で「ぴあのすとおりい」のエピソードを知り、ブログに書こうとしてネットで検索していたところ、こちらに辿り着きました。

この番組は予告編の時から注目していて、母にも観せたいと思っていましたので、一緒に視聴させて頂きました。

私の母も学生時代に音大目指してピアノのレッスンを欠かさなかった人で、感動しきりの様子でしたよ。(Michaelaさんのお母様の様に戦争で断念せざるを得なかったのとは違いますが、私の母も家庭の事情により、進学を諦めたので、何かしら自分に重ねた様子でした)

ブログに書き、公開していますが、是非ともMichaelaさんのお母様の手記が書かれたブログ記事(3件とも)を参考資料という形で紹介したく、ご承諾いただけないかお願いに上がった次第です。いかがでしょうか?宜しくお願い致します。
by 御堂 (2010-08-06 03:37) 

michaela

御堂さん、コメントありがとうございます。
貴ブログにコメントを入れさせていただきました。
よろしくお願いいたします。
by michaela (2010-08-06 08:17) 

御堂

Michaelaさま。早速のご承諾ありがとうございます。
ご指摘いただきました点につきましても、きっちり修正を施しました。
ありがとうございます。
by 御堂 (2010-08-06 09:47) 

michaela

御堂さま、こちらこそ早速ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
by michaela (2010-08-06 10:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。